スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

Cérémonie du thé en plein nature pendant des stages à Barrême                    南仏の野草ワークショップにて野点茶会 

Le 28 juillet et le 4 août, 2016

Pendant les stages de "gastronomie sauvage", j'ai organisé deux fois la cérémonie du thé en pleine nature. C'étaient des moments très sereins dans un cadre exceptionnel.
DSC08564.jpg DSC08595.jpg

La cérémonie du thé tient une place importante dans la culture japonaise traditionnelle, qui consiste à partager un bol de thé "macha". Mais bien au-delà du matériel, l'essentiel dans cette cérémonie est de vivre l'harmonie entre les participants et avec la nature.
DSC08594.jpg DSC08590.jpg

Comme il est si courant au Japon, la relation avec la saison est fondamentale. Les plantes, le vent, les gens, même les gâteaux pour accompagner le thé, sont associés aux conditions locales. Les gâteaux, par exemple, étaient des kuzu mochi de mélilot et des yokan de lavande sauvage de Barrême.
DSC08562.jpg DSC08667.jpg

On pourrait le résumer ainsi : "Un instant, une rencontre". Et chaque fois, nous avons vécu une belle rencontre avec les invités et avec la nature.
Merci beaucoup.
DSC08654.jpg


7月28日、8月4日

南仏バレームでの野草ワークショップの間に2度の野点茶会をさせていただきました。
道具も最低限なら着るものもないですが、雰囲気だけでも味わっていただけたらと。
DSC01164.jpg
DSC08690.jpg

今回は参加の方の中に昔にお茶の販売をしていたことから日本の茶農家さんを訪ねたことがある方がいらしたりと、良いご縁でもありました。
でも抹茶といえば今やお菓子の材料ぐらいにしか知らない人も多いのが現状です。
せっかくなのでお菓子やお茶のいただき方もお伝えしますが、うまくできるかどうかはどちらでもよく、一番お伝えしたいのは周りの方や自然との和を大事にする文化だということ。
DSC01166.jpg DSC01173.jpg

身近な植物を感じ、風の音に耳をすまし、周りの方を尊重しつつ自分の内面とも向き合う静かな時間。今だけを感じていただくこと。

季節感を大事にする心はお菓子にも。今回はこの地に生える甘い香りのハギと白あんのくずもちを1週目に、2週目はバレームの野生のラベンダー風味の羊羹を。
DSC08600.jpg

DSC08679.jpg
最近はあんこに抵抗がない方が多く、喜んでいただけて嬉しいです。

まさに"一期一会"、ここで、今回のメンバーだからこそ実現した時間は他では味わえない経験で、それぞれに何かを感じていただけたようです。
DSC08687.jpg
DSC01168.jpg

怒涛のようなワークの日々の私にとっても、静かにお茶を点て分かち合う時間は何とも心地よく、自分を整えられる良い時間となりました。
皆さん、ありがとうございました。
DSC08611.jpg




スポンサーサイト

[2016/08/29 05:24] Cérémonie du thé お茶 | TB(0) | CM(0)

Cours de cérémonié du thé à Paris パリにてお茶のお稽古 

Le 20 et 21 février 2016 2月20日、21日

Je viens de donner un cours de cérémonie du thé à Paris.
C'était un bon moment, apaisant et harmonieux, avec un bol de thé macha et des gâteaux.
macha et okashi

Comme la relation avec la nature est l'un des éléments les plus importants pour la cérémonie du thé, nous avons confectionné
une pâtisserie en forme de uguisu, un oiseau vert et gris qui annonce le printemps avec sa jolie voix.
2016_02_21_2.jpeg 20160221_145820.jpg

Ce gâteau s’appelle uguisu mochi. Nous l'avons parfumé avec le jus et le zeste du yuzu, un petit agrume spécial, et l'avons coloré et aromatisé avec des feuilles de mélilot séchées.
Nous avons préparé aussi un deuxième gâteau, un biscuit de fleurs de pêcher et de cerisier avec une macération de fleurs de
cerisier. Il est en lien avec la fête des filles, Hinamatsuri qui aura lieu le 3 mars.
higashi.jpeg
Nous avons partagé un bon moment, apaisant et harmonieux, avec un bol de thé macha et ces gâteaux.
2016_02_20_2.jpeg


この週末はパリにて久々のお茶のお稽古。
折角なので和菓子作りから参加していただきました。
日本の季節では雨水にあたるこの日、パリでもちょうどしとしとと雨が降るも暖かく、まさに春を感じさせる日になりました。
お菓子は春の訪れをイメージしたうぐいす餅と桃と桜の花のクッキーをお干菓子に。

うぐいすきな粉はこちらでは見当たらないのもあって、こちらの野草の萩の一種を乾燥させた粉と柚子の香りも添えて。この野草はバニラのような甘い香りがあって和菓子にもぴったりです。和と洋のコラボにて。
クッキーは昨年フランスの桜を漬けた花で香りをつけて、ちょっと季節の先取り。
いろんな形の鴬たちがいるのもご愛嬌。皆さん上手にできました。
20160221_143710.jpg uguisumochi.jpeg

お抹茶とともに一時の落ち着いた時間を分かち合い、それぞれ感じることを語りあうのも毎回違って面白い。
2016_02_21_1.jpeg sakuracha.jpg

日本の春にも思いを馳せていたらちょうど鴬の初鳴きの便りも入り、なんだか嬉しくなりました。
keiko.jpeg

cognassier du Japon




[2016/03/13 06:11] Cérémonie du thé お茶 | TB(0) | CM(0)

Cérémonie du thé à la fin d'année 2015 

Le 5 décembre, 2015

Je prépare souvent simplement un bol de thé macha, toute seule, pour apporter la paix aux autres et à moi même. C'est un liquide vert profond qui évoque la nature comme les montagnes, et l'eau pure.
macha.jpeg

La Voie du thé est une des bases de la culture japonaise traditionnelle, pour vivre l'harmonie en partageant un bol de thé. Il y a quatre principes fondamentaux dans l'esprit de la Voie du thé : l'harmonie, le respect, la pureté et la sérénité.
À l'époque chaotique des shogun au Japon, cette vision du monde s’est avérée très utile pour acquérir la sérénité de l'âme : j'espère qu’elle se montrera également efficace aujourd’hui, en ces temps troublés.

Du fait des graves circonstances, j'ai annulé la cérémonie du thé qui devait avoir lieu le 14 novembre à Paris.
Mais j'ai reporté cette cérémonie sur trois jours le 5 décembre et en février, 2016 à Paris.
Ce sera l'occasion de partager l'esprit du Zen à travers la dégustation d'un bol du thé et de gâteaux que nous aurons confectionnés, pour apporter un peu de tranquillité dans notre vie quotidienne.

Voici la cérémonie du thé que nous avons célébrée le 5 décembre.
Les gâteaux japonais que nous avons confectionnés ensemble étaient de deux sortes : kinton avec de la pâte d'azuki et de la châtaigne, et suhama (petites feuilles) à l'ortie, au cynorrhodon et au kinako (soja grillé).
kinton chataigne et suhama
On apprécie toujours de ressentir la saison pour la cérémonie du thé, même pour les gâteaux : ils reflétaient donc la fin de l'automne.
Cette cérémonie était un moment serein et harmonieux, où nous avons dégusté un bol de thé macha avec des gâteaux.
ceremonie.jpeg

Je vous la proposerai de nouveau en février 2016, ainsi que des cours de cuisine japonaise.
cours de cuisine japonaise et cérémonie du thé

Je vous souhaite de très belles choses pour ces fêtes, et une bonne fin d'année !
cynorrhodon et kaki

年の瀬は何かと慌ただしく過ぎていきます。
今更ながら12月5日にパリでさせていただいたお茶のお稽古の様子です。
今回はお茶会前に簡単な和菓子を一緒に作る試みも。栗と小豆の金団と、お干菓子にはイラクサ、ローズヒップ、黄粉を使った落ち葉型の州浜。皆さん上手にできました。
日本の大事な美意識でもある季節を感じつつ、穏やかな気持ち良い時間を共有できたひと時でした。
macha et kashi

私にとって、一人お茶を点てる時間は自分と向き合い、整える大事な時間です。
12月5日のお稽古は11月14日に予定していたのを、テロの混乱にて延期して行いました。
お茶の心得である"和敬清寂"の想いが広がると世界ももう少し平和になるのではと、少し気持ちが落ち着いて
来た時に改めて強く思いました。
今の私にできることは平穏な気持ちを分かち合うこと、大きなことはできまんが、そんなことを通じて少しでもまわりと
良い関係を作っていけたらと思います。

次回は2月に、また新たな季節を楽しみたいと思います。続けて参加したい方がいらしたりと、少しづつお茶の心が伝わっているようで嬉しいです。
お料理教室も合わせてやっとupしましたので、ご興味のある方はぜひ。
cours de cuisine japonaise et cérémonie du thé

皆さまにとって良い年の瀬となりますように…

fruit.jpeg




[2015/12/26 05:51] Cérémonie du thé お茶 | TB(0) | CM(0)

Cours de cérémonie du thé à Paris. 

le 23 avril

J'ai également donné, pour la première fois à Paris, une cérémonie du thé, sado, à un petit groupe de 5 personnes.

La cérémonie du thé fait partie intégrante de la culture traditionnelle japonaise. C’est l’occasion de partager un moment agréable dans une ambiance spéciale et calme, en dégustant un gâteau typique et en buvant du thé vert macha. Dans cet espace, on se connecte avec la nature même si l’on est dans une maison en pleine ville.
DSC03084.jpg DSC03111.jpg

Cette cérémonie très simple et conviviale s’apparente à l’esprit du zen. Il s’agit d’une relation à soi, à l’environnement et aux autres. L’harmonie entre l’hôte et les invités, et entre eux, est ce qu’il y a de plus important. Parmi les principes fondamentaux du sado, figure le wa kei sei jyaku, qui signifie : harmonie, respect, pureté et sérénité.
DSC03094.jpg DSC03177.jpg

Un appartement parisien peut ne pas sembler le cadre idéal pour la cérémonie du thé, mais ce n’est pas un problème, car une approche caractéristiquement japonaise, le mitate, permet de faire avec ce qui existe tout en conservant l’esprit fondamental de la chose. Et c’est ce qui s’est passé ce soir-là, dans l’harmonie et la sérénité.
DSC03180.jpg

Nous recommencerons à l’automne.

パリにてお茶のお稽古。
最低限のものしか持ち合わせていないので最大限の見立て?にて・・・
お茶の精神や愉しみ方をお話しながら、お菓子やお茶のいただき方など基本的な作法をお伝えしました。
形や細かいことよりも気持ちが大事。
パリの家の中であっても、自然を身近に感じつつ同席した方と空気感を分かち合えた気持ちの良い時間でした。
パリ近郊で見つけた桜や土筆などで作ったお茶菓子に日本から送られてきたお干菓子を少し添えて・・・
DSC03175.jpg DSC03181.jpg

ご一緒いただいた方、ありがとうございました。
DSC03214.jpg


[2015/05/11 03:10] Cérémonie du thé お茶 | TB(0) | CM(0)

山笑う茶会を終えて 

3月29日(土)、30日(日)

名古屋では桜が一気に満開ですね。
南から順番に春の訪れを感じられるこの時期は、一日一日の変化がとても楽しみになります。

そんな嬉しい季節に長野県松本市の由緒ある邸宅「池上百竹亭」にてお茶会をさせていただきました。
   「山笑う茶会」
松本ではまだまだ寒さが残りますが、それでも着実に春の足音が聞こえてきています。

百竹亭の門の横の梅がほころんで迎えてくれました。
IMG_2292.jpg

「山笑う」は木々や草花が芽吹き、見渡す山々が淡く曇ったように見える様子を言いますが、
29日は晴天に恵まれ、澄み渡る空に遠くの山々はきりりと雪をかぶり、近くの山はまさに
淡く霞む様子がこのお茶会にぴったりの日。
暖かな日差しを感じるこの日は、早めにいらしたお客様には侘び寂びの風情で植えられた木々の
お庭でゆっくりしていただいての始まりとなりました。

まずはお点心でお腹を満たしていただいて。
20140329_124844.jpg

今回は私が愛知からの食材を、そして今回一緒にお料理をしてくれた大沢瑠美さんには松本の食材を
準備してもらい、二つの地方の今の旬の香り、味を愉しんでいただけるようなお料理となりました。
車で3時間ほどの道のりですが、この時期の季節感の違いはとてもはっきりしていておもしろい。
私はせっせと土筆やら蓬、三つ葉、他にも野草をいろいろ摘んで、畑の野菜も青物が中心。
春菊、ブロッコリー、初物のわけぎなど・・・
そして松本では土筆や蓬はまだまだ。あってもほんの赤ちゃんです。
その代わり愛知にはない蕗の薹をたくさんとってくれました。
そして畑の紫大根もまだまだ立派、市場ではわさびの花もたくさん見かけます。
愛知の旬のあさりや蕗、そしてまだ九州が中心でちょっと愛知では早いはしりの筍も少し使い、
春の香り満載のお点心となりました。
IMG_2231.jpg
今回の盛り付けは芽吹き、開花、春の海などの自然の様子が折敷の中に見えるようなイメージで。
お椀には即席の若草麩のお澄ましを添えて。

お部屋の中でも野にあるような季節を愛でることは日本の文化ならではの愉しみ、
目でも楽しんでいただけたなら嬉しいです。

この日は着物でいらした方も多く、お部屋の中も華やかな雰囲気。
IMG_2237.jpg IMG_2238.jpg

ゆっくりお点心を愉しんでお腹を満たしていただいた後は、ちょっと一息いれていただきながら
席を改め、お薄を一服点てさせていただきました。

まだ桜にはちょっと早い松本ということもあり、旧暦の桃の節句の時期なのでお雛様の飾り。
IMG_2267.jpg IMG_2259.jpg
そして鶯と梅のお軸をかけて。

主菓子は桃の節句にかけて、桃の形の練りきりにさせていただきました。
IMG_2239.jpg IMG_2240.jpg
お干菓子は桜の米粉せんべいと蕗、土筆の砂糖漬け。

お茶が初めてという方もたくさんいらっしゃるので、お菓子の頂き方、お箸の扱い方など
日常生活に活かせるちょっとした心得もお伝えしながら。
20140329_143020.jpg

お抹茶の頂き方も意味がわかるだけで、身に入りやすくなるのではと思います。
IMG_2245.jpg IMG_2253.jpg
みなさんちょっと緊張気味に、でも見よう見まねで楽しんでいただけていたようです。

さて二日目の30日は朝からしとしとと雨。
お客様もぽつぽつといらっしゃり、昨日のようにお庭のご案内はできないのでお部屋の
窓からお庭を眺めてお待ちいただきました。

人数も前日より少ないせいもありますが、昨日とは違う静けさのなかで雨音をききながら
静寂を感じる落ち着いた雰囲気になりました。
心が洗われるような雨のお庭もまた良いもの。晴ればれとしたお天気とは違う趣があります。

私たち二人もこの日は和やかに皆さんとお話をしながら、御相伴をさせていただきました。
IMG_2281.jpg IMG_2280.jpg
お点心をいただいている間にどんどん雨音も強くなり、一息いれる頃にはかなりの水溜り。

お茶の時間は雨音を聞きながらの侘び寂びを感じる時間となりました。
IMG_2252.jpg IMG_2284.jpg

そして一通りお茶を召し上がっていただいたのちには、だんだんと明るくなる気配が。
なんと外に出る頃には薄日がさして雨もやみ、お庭の木々もきらきらとさらに美しく
見送ってくれました。

お茶会はまさに一期一会。
普段出会うことのない方々とご一緒したり、お天気もまたその日その日。
自然のうつろいを感じ、愛でながらちょっと背筋をのばして気持ちよく過ごす一時は、
その時にしか味わえない愉しみだと思います。

茶道と言うと堅苦しいイメージや敷居が高いと思われる方もいらっしゃると思いますが、
お茶は本来その場の人や空間、道具などを思いやり、敬いあってその場にしかない雰囲気を
分かち合って楽しむ気持ちのいい時間。
初めての方にもぜひまたの機会に味わっていただけたらと思います。

この度は名古屋や東京、上田など遠いところから、そして地元松本の方と
たくさんの方に足をお運びいただきまして、本当にありがとうございました。
皆さんのおかげで、両日ともそれぞれに調和のとれた良い時間になったと思います。

そして今回一緒にお料理をした大沢瑠美さんとは穂高養生園時代からのご縁。
丁寧な瑠美ちゃんの仕事に久しぶりに触れられたこともとても嬉しく、二人で
作り上げたからこそ満足のいくおもてなしができたと思います。
その場でお料理をすることができない今回の環境ではお出し出来るものに制限がありましたが、
その中で工夫を凝らすのも楽しい試みでした。
まだまだ気遣いの足りないところはあり反省もしきりですが、日々精進しつつ
次の機会がもてることを楽しみにしています。

「茶の湯の心」は敬い、気遣い、共に愉しむ心。
日常生活にその心をお持ち帰りいただけたら幸いです。

IMG_2257.jpg IMG_2288.jpg



[2014/04/01 19:54] Cérémonie du thé お茶 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。