スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

コルシカ散歩 

コルシカはフランスとも違う野生のにおい、景色、そして人も野生的な印象。
青い海と青い空、ほとんど雨のないからっとした暑さ。
まわりに見える山も深い緑なのに全体が白っぽいような、銀色のようなそんな
印象です。
山登りなどをするとやみつきになるぐらい、素敵な山もいっぱい残っているそうですが、
今回はぶどうの収穫とそのために集まってくる人の食事つくりのお手伝いの名目で
来たコルシカ島なので、残念ながらそんな時間はありませんでした。

でも仕事の合間の時間は友人とまだ1歳半のちびちゃんと一緒に近場をお散歩に行くのが日課。
P8280600.jpg

近くの川も本当に水が澄み切ってきれい。
このあたりは野草もたくさん残っていて、道路ぞいでもいくつか目に付きます。
アロマテラピストでもある友人はよく知っていて教えてくれました。

赤い実のつくレンティスク。
12月まで赤いので、クリスマスの飾りにも重宝するそう。
P8280592.jpg

その他にも触るとべたべたして、黄色い花のイヌーラ(これは精神安定やリラックスに良いそう)や
イモーテル、野生のアスパラガス、野生のキャロットなど・・・
栽培種とは違う生命の力のある植物はアロマで使われてもとても効果が高い。
コルシカの自然の中にいるとそれがとても強く感じられました。

黒と白の羊たちはベビーカーの音につられて、なぜか遠くから集まってきておもしろい。
P8280598.jpg

車で15分のところにあるクッパビアという場所の海には親戚の人がやってるレストランが
あって、日がちょっと落ち着いた時間におじいちゃんが行くのが日課。
それにあわせて私たちも車にのせてもらって海へ。

南を実感させられるコバルトブルーの海には、バカンス中のキャンピングカーがところせましと
並んでいて、みんなゆったりとした時間を楽しんでました。
P8290612.jpg

日が沈みかけた時間もきれい。
P8290613.jpg

波の音はどこか心が落ち着く時間。
普段は山が好きだけれど、浄化の海の力、大きさを感じずにはいられない・・・
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。