スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

美味しくなあれ! 

りんごの芯を使って酵母をおこしてからずいぶんになる。
ちょっとぷくぷく具合が行き過ぎたかなあ、と思いつつ粉を混ぜて種を作ったけれど、
あまり元気がない。
毎日1度は「元気にな~れ」と声をかけつつ混ぜ、途中でラフランスの芯でも酵母液を作って
足してみたけれどそれでもあまりかわらず・・・

PC090987.jpg

ためしに一度カンパーニュを焼いてみたら、やはり膨らみが甘くてずっしりしすぎていたので、
薄くスライスしてラスクに。
かみ締めると、味がしっかりして美味しいのに残念な感じ。

さすがにパンにはまだ力がないようなので、最近はスコーンを焼いて様子を見ています。
焼く前は生地がだれて頼りない感じ。

PC090986.jpg

酵母にまだまだ力はないけれど、それでも焼いてみると頑張ってできる限り膨らんでる。

PC090990.jpg

そんな生きている姿をみるとまだ育てれば丈夫な酵母になるにちがいないっと可能性をあきらめ
きれず、毎日酵母瓶をあけてはごはんをあげてかき混ぜています。

今気に入っているのは、かぼちゃの種と、フランスでいただいてきたAil des oursという
野生のニラのような葉を乾燥させたのを混ぜたもの。
PC090989.jpg

この葉っぱ、しっかりニラの味が残って、塩味とかぼちゃの種の香ばしさにとってもよく
合います。
何もつけなくてもしっかりした味が口いっぱいに広がって十分に美味しい。
これでふわっと酵母のちからでもっと膨らんでくれたら!
今日も新たなりんご酵母液をしこみつつ、見守る気持ちです。
スポンサーサイト

[2011/12/12 01:01] つれづれ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。