スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

stage en Corse 2015 コルシカワークショップ 

Du 4 au16 mai 2015

Nous venons de passer notre première semaine de stage en Corse avec nos élèves du Collège Pratique d' Ethnobotanique.
C'était une magnifique semaine pour le temps, les paysages, les plantes... et la cuisine !
Cimage1.jpeg Cimage2.jpeg

Nous avons rencontré toutes sortes de végétaux corses, certains très courants, d'autres plus rares, et parmi eux de nombreuses endémiques que l'on ne trouve qu'en Corse et souvent aussi en Sardaigne.
Cimage4.jpeg Cimage10.jpeg Cimage8.jpeg Cimage30.jpeg

Nous avons exploré différents environnements du bord de mer jusqu'en montagne, dans le maquis et les forêts, même autour du couvent où nous étions logés.
Cimage12.jpeg Cimage13.jpeg

Et nous avons cueillis des plantes savoureuses dans l'abondance du printemps pour préparer les plats délicieux dont nous nous sommes régalés.
Crepe Cimage16.jpeg

Voici notre deuxième stage gastronomique avec des plantes sauvages en Corse.
Cimage28.jpeg Cimage27.jpeg

Parmi d'autres, nous avons préparé quelques plats japonais comme un shira ae de Coleostephus ou un ohitashi de fougère aigle.
Cimage31.jpeg Cimage24.jpeg

Sinon comme desserts, nous avons dégusté un flan d'agar au géranium odorant, de petites crêpe d'immortelle d'Italie, une salade de fruits avec une sauce à la petite oseille, un fiadone au mélilot, etc...
Cimage22.jpeg Cimage26.jpeg

Tout était excellent. Merci à la nature en Corse !

コルシカの2週間のワークはずっと素晴らしいお天気に恵まれて夏のよう。
海へ、山へとコルシカの自然は幅広くたくさんの植物に出会いました。
Cimage21.jpeg Cmage15.jpeg


フランス本土と比べてはるかに自然が豊かなので、コルシカやサルディーニャ島でしか出会えないような
植物もたくさん。そして何といっても香りが凝縮していて強いのでびっくりします。
まさにドリアン?というような強烈な香りの植物もあります。
料理するのも難しい感があるけれど、量をうまく調整するとオリジナリティあふれる料理ができて
それもまたここならではの楽しみでした。
Cimage23.jpeg Cimage25.jpeg

1週目はクープラン氏の学校に通う3年生の生徒さんのワーク。
卒業間近ということもあって、植物の見分けもかなり適格で、料理の腕もなかなかで頼もしい。
サラダだけでもできる限りの種類の野草や食べれるお花を各自で探してきては、いつも楽しい野草サラダを
味わいました。
Cimage11.jpeg Cimage18.jpeg


2週目は一般の方のワーク。
今回は親子で参加された人がいて、7歳の女の子と11歳の男の子。二人とも野草を食べるのも大好きで、
7歳の女の子はみんなと同じように植物の見本をノートに貼っては名前を控えたり、男の子は料理好きでいっぱい
手伝ってくれたりと今後が楽しみな子供たちでした。
Cimage19.jpeg Cimage20.jpeg
こんな子がこれからどんどん良い影響を伝えていってほしいなあ。

いつもお世話になっている山羊のチーズを売っているカトリーヌとジャックの土地も散策させてもらい、
ここならではの植物を観察したり、コルシカのフレッシュチーズとして有名なブロッチュを買って、フィアドンヌ
というコルシカの郷土料理を野草を入れて作ったりと堪能しました。
カトリーヌは昔野草ワークに参加されたこともあり、野草にも詳しくて土日にアジャクシオで売っているチーズは
たくさんの野草やお花で飾られて遊び心いっぱい。
Cimage7.jpeg
そんな風に仕事や日常に楽しめるのは理想的。

コルシカでは蕨が見渡す限り生えていたりするので、今回もお浸しを作ったり、春菊のような香りの
野草で白和えを作ったりと和食も少々。
サボテンもちょっと酸味があって美味しい。
Cimage3.jpeg Cimage5.jpeg

ちょっとヨモギに近い野草を使ったケーキもレモンやベルガモットのピール合わせると爽やかなお味に。
Cimage6.jpeg

コルシカはまさに自然の宝庫!
次は2年後、また楽しみに訪れたいと思います。

Cimage9.jpeg

Cimage17.jpeg


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。