スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

Atelier de Gastronomie sauvage à Kusakanmuri au Japon    ~ 野生のごちそうを味わう会 艸~     

              1日ワークショップのご案内

暮らしに役立つ野草の専門家、Francois Couplan(フランソワ・クープラン)とともに野草を愉しむ会を企画しました。
クープランは40年に渡って、フランスやスイス、ベルギーなどのヨーロッパを中心に、栄養バランスの とれた野生植物の楽しみ方や調理法など、心と身体を健やかにするヒントを少しでも多くの人に知ってもらうこと を願って、野草のワークショップや講演などをしています。
なぜ野草が必要なのか、現在の生活と自然の関わりなど、今生きていくうえで重要なことを紐解く話も聴いてみてください。その土地にはその時期に必要な植物が自然に生え、そんな植物は生きていくのに必要な力を備えています。
野草は食べられるものがある反面、もちろん有毒なものもあります。
よく観て、香りをかいで、触って、形の細かな違いを判別し、そして最後は味わうこと。
五感をフル活動することで普段見えていなかったものがいろいろ見えてきて、自然の中にいるのがさらに楽しくなります。
身近なところに生えている野草を観察して学び、それを一緒に味わってみませんか?
日本で実際に一緒に外で散策しながらの野草ワークはこれで3回目。
この南山城村の艸の周りでは、この時期どんな野草に会えるのやら、私も楽しみです。

日 時 :3月19日(日)、または 20日(両日とも同内容) *20日は満席となりました。ありがとうございます。     
10時30分~17時30分ぐらいまで(終了は多少前後する場合がございます)

場 所 :艸 Kusakanmuri 京都府相楽郡南山城村田山
    詳しい住所などは参加の方にまたお知らせしますが、
    最寄駅はJR月ケ瀬口駅(駅から10分ぐらい。電車の方は駅まで送迎致します。)
    車の方は名阪国道が無料で便利です。乗り合わせてお越しください。
    ☆予約時に電車か車かをお知らせください。

内 容 :一緒に散策しながら植物を観察して学び、野草摘みをします。その後、摘んできた野草を一緒にお料理して皆でいただきましょう。
詳細スケジュールは参加の方にお知らせいたします。

持ち物 :ノート(植物を見本として貼るのもお勧め)、セロテープ、ペン、カメラ、あればルーペ、袋(野草を摘む用)、傘などの雨具、帽子、できれば包丁とまな板

服 装 :歩きやすい靴(段差はそれほどありませんが2時間ほど歩く場合もあります)、帽子など

参加費 : 7000円 (ワーク、食事代含む)

定 員 : 各日14名さま (要予約)

ご予約 : 今村桂子まで keiko.imamura@couplan.com

★ 通訳の専門ではないのでわかる範囲での通訳になります。できるだけ努力させていただきますが、ご了承をお願いいたします。
★ ご予約の方は人数とお名前、交通手段をお知らせください。送迎の必要な方は詳しいことを後日お知らせいたします。
★ 駐車スペースに限りがありますので、可能な方は乗り合わせて来ていただけると助かります。乗り合わせを希望の方は他の参加者の方に連絡もとりますのでお知らせください。
★ 飲酒での運転はご遠慮ください。

楽しみにお待ちしています。            Kusakanmuri 艸 今村桂子

 こちらは前回京都、下鴨亭での様子。摘んだ野草を前にと皆さんしっかりレシピのメモを取られてます。 
 1450526B-78C8-452A-A96A-F8AFD1147043.jpg
意外と家の周りにもいろんな食べられる野草が生えているものです。なかなか先に進めません。
simogamotei mae3
IMG_3656.jpg
IMG_3663.jpg
前回は頑張って皆さん美味しい野草料理を作ってくれました。さて今回はどうでしょう?
cuisine.jpg
IMG_3667.jpg
    
野草講師:Francois Couplan (フランソワ クープラン) http://www.couplan.com/

Ethnobotaniste(民族植物学者、主に食べたり、身体を癒したりと暮らしに役立つ野草の専門家)
パリ市国立自然史博物館認定理学博士、農事功労勲章受勲者
フランス・バレーム市 食べられる野草と薬草の研修センター所長
スイス・フリブール市マソノン地区研修センター所長
College Prtatique d’Ethnobotanique (暮らしに役立つ植物の学校)を2008年に創立

食べることのできる野草や栽培植物の専門家。世界中を歩き、その土地の植物、料理、栄養についての研究、普及活動をしている。野草に親しんで育っ たクープランは独学で野草の研究を深め、その研究をもとに博士号を取得。10年間ほどアメリカの自然の中でも生活し、インディアンの知恵を学ぶなど、ヨーロッパにとどまらない伝統的な野草の食べ方を探求。1975年からフランス、スイスなどのヨーロッパを中心に毎年たくさんのワークショップを行い、栄 養バランスのとれた野草の楽しみ方や調理法など、心と身体を健やかにするヒントを少しでも多くの人に知ってもらうことを願って忙しくとびまわっている。近 年マーク・ヴェイラやミシェル・ブラス、カルロ・クリシなどヨーロッパの星付きレストランのグランシェフが野草の美味しさやその力に注目し、彼らと供に山を歩き、その使い方を伝えながら一緒に料理をするなどの活動もする。またクープラン氏が提唱し、毎年行っている「ソフトサバイバル」(野 草を主食にできるだけ自然の中にあるもので過ごす)のワークショップは、自然の中にあるもので暮らし、眠っていた感覚を呼び覚ます、そんな楽しみを教えて くれる。日本またヨーロッパでのワークショップでは現在、和食の料理人である今村桂子とともに仕事をし、2009年に初めて日本を訪れて以来、日本の文 化に魅了され、また山菜が今も根付いていることに共感。また定期的に様々な雑誌の記事を手がけ、著書は80冊に及ぶ。そのう ちの1冊 Guide nutriotionel des plantes sauvages et cultivéesが『ナチュラリストのための食べる植物栄養学』(フレグランス・ジャーナル社)として日本語に翻訳され、その中には日本の山菜も新たに 書き込まれている。フレグランス・ジャーナル社の雑誌、アロマトピア No.123 (2014 年3月出版)のワールドレポートの中で、クープランの ワークショップの活動について紹介。

料理、通訳:今村桂子  http://tijs777.blog.fc2.com/   
料理人(自然の恵みをありがたくいただけるお料理 )・表千家講師
愛知県出まれ。いくつかの飲食店の経験後、「ティス茶房」を名古屋で友人と営む。その後長野のオーベルジュ、名古屋の和食店、安曇野のホリスティックリトリートの宿の料理担当、箱根の料理旅館の板前などと料理を続けつつ、自然の恵みをあり がたくいただける身体にも優しいおもてなしを心がけて出張料理やケータリング、料理やお茶の教室などを手掛ける。現在は野草ワークの料理担当などをしなが ら、ヨーロッパと日本を行き来しつつ、日本の良さをヨーロッパで伝えること、またヨーロッパでの自然の楽しみ方を日本にも伝えている。(ブログ の中でフランス、スイスでの野草ワークの様子も紹介しています。)
2016年より京都南山城村にて日本の拠点Kusakanmuri 艸を季節の野草料理のお食事処として、また自然に関するワークショップ、お茶のお稽古、お茶会、などの場所としてフランソワ・クープランとともに設立。

stellaire.jpg





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。