FC2ブログ












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

冬のフランス 

12月8日

冬のフランスへ来たのはいつぶりだろう?
最近は遅くて11月、または3月の春が感じられる頃だから、真冬で一番遅いのはもしかすると
2000年を迎える年越しをした時かもしれない。
すでに12年経っているということ??
あの時はまだ会社勤めで年末年始の休みをフルに使って、2000年をパリで迎えようというそれだけ
の為にフランスへ来たのだったなぁ。
寒い中、エッフェル塔の下までシャンパーニュを持って歩いて現地の友人たちとお祝いしたっけ。
いやぁ、懐かしい。

そんなことで、冬の飛行機には雪の洗礼があるのをすっかり忘れていた今回。
フランスは寒いだろうと覚悟はしていたけれど、まさかの乗り換え地点のソウルで大雪。
日本にも今寒波が来ているけれど、そこまで騒がれていなかったから思いもよらず、空港について
「9時半の便が遅れて13時半です」なんてアナウンスが流れても、人事のようでぴんとこない。
名古屋は晴れてきれいな朝日の中空港へ来たところだったし。
私たちが乗るはずの飛行機が前日ソウルについたのは、本来なら夜の21時頃のはずが朝の3時半
だったらしい。そりゃぁ、乗っていた人もクルーの人も大変だったろうね。
休憩時間もとらないとということで、名古屋へ来るのが遅くなるというわけだった。
チェックインカウンターでは、明日の名古屋発の便に出直したほうがいいとかなり押されたけれど、
なぜなんだか。空港までくる時間と交通費を考えても負担だし、どうせ負担がかかるならちょっとでも
先に進んだほうがありがたい。
ホテルがとれないかもとか、明日のソウルからの便がでないこともあるからとかいろいろ止められた
けど、何とかなると信じてその日の午後に名古屋を発って、結果良かった。
さらに遅らせていたら、日本の寒波で今度は飛べなくなったかも。
ソウルは乗り換えしかしたことがないから降りるのは初めてで、言葉もわからないし、何の
情報もないし、確かにすごい雪だったからこのまま滞在が延びたら困るなと思ったりはしたけど
飛行機の遅れだけですんで、無事にパリに着きました。
予定の1日遅れ着。
パリもうっすら白くなっているけれど、ソウルほど寒くもなくてとりあえずほっとしました。

翌日は時差ぼけのおかげ?で早く目が覚めてしまった。
夜中に何度も目が覚めては時計をみて、なかなか時間が進まなかった。
近くのMaubert Mutualutéでマルシェがあると聞き、朝から行ってみるみることに。
この時期はマルシェの販売も寒くて大変そう。
IMG_0700.jpg
夏の終わりに出始めていたかぼちゃがどんと美味しそうに並んでいて思わず買ってしまった。
ポティマロンというこのかぼちゃ、日本語に訳すと栗かぼちゃ。フランスのかぼちゃは水っぽい
イメージだったのが、これはなかなかほくっと炊ける。名前もどこからとったのか、同じように
栗が付くのは面白いもんだな。
IMG_0697.jpg

この時期ならではの豊富なキノコも目を引くけれど、まだどっぷり料理ができないから今日のところ
はあきらめる。

IMG_0698.jpg
それほど大きくはないけれど、それなりに充実感があるこじんまりしたマルシェ。

午後からは日本食材やさんを渡り歩いて値段も控えながら隈なくチェック。
あまり足を運ばない界隈だったけど、和食やさんもとっても増えて繁盛してるし、食材やさんもかなりな人。
大体の物はそろうのに、何件まわっても欲しいなと思ったかんぴょうや高野豆腐はあまりない。
需要はないのかなあ?その辺もチェックの一つかも。
フランス人の人が何を買っているかみるのもなかなか面白い。
まめに足を運んでみようっと。



スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://tijs777.blog.fc2.com/tb.php/100-d8911bd7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。