FC2ブログ












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

春のフランス 

4月14日(日)~

ベトナムから日本へ帰ったのも束の間、今度はコルシカのワークへ向けて再びフランス
へ飛びました。
Parisからはすぐに移動し、まずはスイスへ。
IMG_0004_20130620202809.jpg
庭にはかわいいお花や、やわらかくて美味しそうな新芽がびっしりです。
IMG_0002_20130620202811.jpg IMG_0003_20130620202810.jpg
冬には見なかった光景でうれしい。
さっそくその日のサラダ用にタンポポ、すみれ、種付け花、マーシュ、エゴポッド、
アイユ デ ウルス(熊にんにく)などを摘んで。
IMG_0015_20130620202809.jpg IMG_0009_20130620202808.jpg
マスカルポーネをベースにしたソースでいただくと、春の味が口いっぱいに広がりました。
IMG_0019_20130620202807.jpg

そしてコルシカへ向けて少しづつ南へ。
向かう途中、フランス中央の山、そして南仏に近づくにつれてさらに山の形が変わってきます。
1IMG_0001.jpg IMG_0003_20130627052142.jpg
お天気が良くて絶景。

南仏バレームの夏のワークショップの家へ到着。
こちらもまた春の野草があちこちに顔をだしていました。
ここではさらにBerceという夏に美味しく料理をした野草の新芽をすこし摘んで、
これは素揚げにしたらかりっとして、スッとした感じとかすかな苦味も美味しい。
IMG_0006_20130627052141.jpg

夏にはたわわに黄色い実をつけていたプラムの木、今は花盛りでお花見気分。
IMG_0011_20130627052141.jpg

冬に仕込んだ味噌はどうかな~?とみると、表面にカビはあるもののいい具合。
無事に転地返しもでき一安心。
IMG_0014_20130627052139.jpg
美味しくな~れと声をかけて。

ここではあちこち片付けの後はコルシカのワークに向けて食材の準備。
今回は1週間のワークが2回、そしてそれぞれの参加が20人以上とあって、食材も
半端ない量になります。
25人が2週間分の食料ってどんなもんなんでしょう?
IMG_0013_20130627052140.jpg
何となく作るものをイメージして、量を見積もってはみたものの、足りるのかどうか
ドキドキしながら車に積み込みましたが、これだけですでに車の中はいっぱい。
レシピの準備やらなんやら、ここまでやってもう疲れ気味・・・

コルシカ島はフランス南部の地中海に浮かぶ島。
イタリアのサルディーニャ島にも近く、イタリアの影響もたくさん受けています。
気候も南部、地中海ということもあって暖かく、植物や果物などの食べ物もまたフランス
本土とは違う豊かさがあります。
友人が住んでいることもあって、一度葡萄の収穫にあわせて行った事はありますが、
今回行くのは島の真ん中ぐらいのアジャクシオからさらに北に向かったあたりが中心で、
まったく行くのは初めて。
そして海もあり、山もありで野草の分布もかなり広くなる模様。
どんな野草に出会えるのやら、どんな料理ができるのやらドキドキしながらイメージして
1週間の仮のプランを立てて出発です。



スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://tijs777.blog.fc2.com/tb.php/143-50029b84


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。