FC2ブログ












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

Suite du voyage à Hotel Mundal  旅の続き、ホテルムンダルへ 

Le 16 septembre, vendredi
9月16日(金)

Le lendemain, nous sommes montés à Galdhoppigen jusqu’à 1850 m d’altitude.
On était complètement dans le brouillard pendant le temps qu’on est monté en voiture, mais il faisait tout d’un coup grand beau quand on est arrivé en haut. C’était une bonne surprise.
IMG_3015.jpg
Il y avait quelque petites plantes comme lichen ou graminée, mais sinon il n’y avait que des pierres par terre.
IMG_3037.jpg
IMG_3078.jpg

Nous sommes marché ver le glacier, c’était impressionnant.
IMG_3056.jpg

翌日は東ヨーロッパ以北では一番高い山、Galdhoppigenに向けて出発。
車で登っている間は少し先も見えないような真っ白な霧の中で、片側はガードもない斜面だったのでどうなることかと冷や冷やしたけれど、目的地に着く瞬間に一気に雲の上に出たようで素晴らしい青空が広がっていました。
DSC02264.jpg

この標高だと少し自衣類など小さな植物がある以外はもうほとんど石や岩が転がっているだけなのにも驚く。
IMG_3021.jpg

車から少し歩いて行ける場所は標高1850mぐらいで、そこから見渡せる景色は絶景。
風が強くてさすがにかなりの寒さだったけれど、岩の階段を上った甲斐がありました。
IMG_3041.jpg

IMG_3026.jpg

山の上に湖とさらに氷河が目の前に。そこから見渡せる景色は360°、どこを見ても美しい景色にしばらく浸りました。
IMG_3047.jpg
IMG_3049_20161224060929729.jpg

Après nous avons pique-niqué à la norvégienne.
Il y a un fromage spécial et fort, Gamalost qui est fabriqué depuis l'époque de viking, du saumon fumé, le saucisson du renne, le pain de seigle, etc. C'était intéressant et très bon!
IMG_3074.jpg
その後は向かいの山に少し登って、買い込んできたノルウェー食材で簡単ピクニック。
スモークサーモンやトナカイのサラミ、Gamalostというバイキング時代から作られているというかなり癖のあるチーズ、ライ麦パンやいろんな穀物がたっぷりのパン、たまたま見つけた田舎のパン屋さんのちょっと甘いビスケットのようなパンなど。どれも素材の味が美味しい。違う国の伝統や日常の食べ物を探索するのは面白い。

その近くで珍しい鳥にも遭遇。名前は忘れてしまったけれど、白いふわふわのブーツを履いて澄まして歩いているのをそっと目で追ってみる。日本で言ったら、雷鳥といったところか??
DSC02450.jpg
IMG_3067.jpg

Et nous avons continué sur la route 55.
Quelle belle couleur ! C’était comme le paysage en automne au Japon.
IMG_3095.jpg
Quel grandiose, le paysage en Norvège !
IMG_3123.jpg
DSC02517.jpg
Des glaciers, des montagnes, des lacs, des rivières, des cascades, etc.
そしてさらに南へ向かい、フィヨルドを目指す。途中Route55からの眺めの雄大さに思わず何度も車を停めてはしばし眺める。
IMG_3099.jpg
IMG_3088.jpg
まさに黄葉の広がる森、いくつもの滝、そしてしばらく行くと山の上には壮大な氷河が乗っかっている。スイスでも氷河までは毎年夏に行くけれど、一山氷河があるというイメージ。
ここノルウェーではあちこちの山の上に氷河が帽子のようにのっていて面白い。
IMG_3126.jpg
それにしても雄大な景色。

Finalement, on était content d’arriver au bout de fjord. C’était assez calme, mais nous avons bien senti l’odeur de mer.
IMG_3137.jpg
そしてついにフィヨルドの先っぽにたどり着きました。
海なのだけれど内陸に入り組んでいるのでとても穏やかで、一見すると湖なのかフィヨルドなのかわからないぐらい。
でも潮の香りは確かにするのです。

Et le soir; nous avons dormi à l’hôtel Mundal qui a été construit en 1891 et qui est bien conservé un intérieur d’époque.
IMG_3187.jpg
IMG_3143.jpg
C’était nostalgique et sympa.
IMG_3182.jpg

Il sert un repas norvégien traditionnel. C’est une de raison qu’on a choisi ici.
C’était délicieux, mais c’était assez simple comme chez Brimi.
J’ai bien compris que c’était à la norvégienne.

そしてその晩はこのフィヨルド沿いの宿 Hotel Mundalへ。
ここは現ノルウェー妃も泊まったことがあるという1891年築の古いホテル。それほど豪華なホテルというわけではないから、部屋自体は他のホテルとさほど金額が変わらないというのもうなずける。
IMG_3144.jpg
IMG_3150.jpg
こじんまりしているけれど、昔ながらの家具や装飾がいかにもという感じで残り趣があり、何よりフィヨルドに面していて、反対側には氷河が見渡せるという立地はなかなか捨てがたい。
IMG_3186.jpg
IMG_3166.jpg
そしてこのホテルを選んだもう一つの理由は、ここもまたノルウェーの伝統料理を出すレストランがあるということ。
興味深々のメニューはやはりとてもシンプルで、魚の種類に期待したけれどノルウェーサーモンか干し鱈のお料理。どうやら本当に漁港に行かないとあまりいろんな魚が食べられるというわけではないようだ。
後で調べていてわかったのは、干し鱈は1000年以上も昔から食べられ、輸出もされてきた貴重な食材で、今もレストランでも家庭でもとても良く食べられている魚だということ。
しかも寒風にさらすだけのものと塩漬けにして乾燥させたものと2種類あり、後者はバカラオとしてとても高価に取引されるもの。保存食の国、ノルウェーの一面がちらりと見えました。
というわけで前菜はサーモンのタルタルを。
IMG_3156.jpg
そしてメインは干し鱈。
IMG_3160.jpg
どちらも良い味付けでとても美味しかったけれど、やはり素朴なイメージはブリミと変わらないところです。

ちなみにデザートは林檎のパテのようなもの。
IMG_3162.jpg

ごちそう様でした。

IMG_3151.jpg

IMG_3179.jpg




スポンサーサイト

[2016/12/23 20:39] Voyage 旅いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://tijs777.blog.fc2.com/tb.php/204-c818adf1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。